アルバイトと正社員の違い

正社員のメリット

正社員に向いている人はどんな人でしょうか?

同じ会社で安定してできるだけ長く働きたい人や責任ある仕事をしたい人、そして、福利厚生や社会保険のことを考えるのなら正社員がいいでしょう。正社員になるとアルバイトと違って、会社の大切な核となる責任ある仕事が与えられます。それだけ責任も重くなりますから、休暇もとりににくく、休日出勤が必要となったり、人事異動や色々な仕事を覚える必要があります。しかし、仕事をやり遂げた時のやりがいもあります。また、昇進や昇給、賞与があるため仕事へのモチベーションもあがります。

アルバイトとなると雇用期間も決められていますし、ずっと仕事を続けていける保障はありません。また、会社にとっても、アルバイトがすぐに辞めてしまう可能性もありますから、なかなか責任ある仕事を任せることは難しいでしょう。アルバイトで働いてみて、もっと専門知識や経験を積みたいけれど、なかなか新しいことや責任ある仕事をする機会を与えられないのであれば、思い切って正社員を目指すことをおすすめします。

そして、正社員とアルバイトの大きな違いは福利厚生です。正社員はやはり福利厚生が充実しているのは確かです。社会保険や住宅手当、資格手当、扶養手当など各種手当があります。アルバイトでも、条件を満たせば、社会保険に加入することもできますが、実際には条件をクリアする前に雇用期間が切れたり、有給休暇においては取得しづらいといったこともあります。正社員は原則定年まで勤務できます。福利厚生もしっかりしていますから、安定して働きたい人にはおすすめです。