アルバイトと正社員の違い

アルバイトという選択

アルバイトが向いている人とはどんな人でしょうか?

アルバイトは、働く時間、曜日、場所などを自由に選んで働きやすいです。勉強や趣味、家事や子育てで忙しくても合間に仕事をしたい人に向いています。また、仕事の内容を絞り込まなければ求人の数は多く、働きやすいのが特徴です。そして、業種や職種の経験がなくてもやりたい仕事があるならアルバイトから始めるのもいいでしょう。アルバイトは、未経験者でもOKの求人が多く、経験を積むことでスキルアップできたり、自分のやりたい仕事に就くことができる可能性もあります。

また、正社員になりたいけれど、就活が上手くいかなかったり、自分が何がやりたいかわからないで悩んでいる人は、根本的に考え方を見つめ直す必要があるかもしれません。最初は時間や場所の条件だけで働き始めたアルバイトであっても、もしかすると自分に向いている仕事であったり、新しい自分を発見できる可能性もあります。そして、アルバイトで、努力と経験を重ねていけば、正社員になる道が開けるかもしれません。アルバイト経験を重ねることで、経験値があがり、就活時、仕事の選択肢が広がります。

アルバイトは、正社員と比べると安定していないと言われています。しかし、正社員になることだけが正解というわけではありません。組織で働くのが苦手だったり、あまり責任が重すぎる仕事を無理に続けて、ストレスになったり、体を壊すことを考えると、自分のやりがいのある仕事をやり続けるほうが一生続けていける仕事を見つけることができる可能性もあります。