アルバイトと正社員の違い

アルバイトと正社員

正社員とアルバイトの違いとは何でしょうか?

イメージとしては、「正社員は安定している」そして、「アルバイトは不安定」というのが多いのではないでしょうか。しかし、安定しているからといってすべての人が正社員を希望しているわけではなく、アルバイトを望んでいる人もいます。アルバイトにも正社員にもメリットやデメリットはあります。

まず、アルバイトですが、自分の働きたい時間で色々な仕事を選びやすいというのがメリットです。学生などであれば、本業の勉強、主婦であれば家事や子育ての合間に少しでもお金を稼ぎたいということであれば、アルバイトはとても働きやすいと言えるでしょう。また、正社員になりたくてもなれなかったり、自分がなにをやりたいかわからない人は、とりあえずやってみたいアルバイトを始めてみると経験値もあがり、それが、正社員の道に繋がったり、新しい自分を発見できる可能性もあります。

そして、正社員は福利厚生が充実しています。アルバイトは契約期間が決まっていることも多く、ずっと仕事を続けられる保障は少ないですから、長く同じ会社で働きたい人や責任ある仕事をしたい人には正社員がおすすめです。また、アルバイトと違って、与えられる仕事は、責任が問われるものばかりです。当然、仕事のプレッシャーや残業時間など精神的にも身体的にも負担が大きいのも確かです。しかし、頑張った分だけ昇進や昇給、賞与など報酬につながることも多く、モチベーションも上がります。

このように、どういった働き方を望んでるかによって、アルバイトと正社員どちらの働き方が向いているか変わってきます。このサイトでは、アルバイトに向いている人、正社員に向いている人を解説します。


▼ 関連サイト~アルバイトの仕事~
アルバイトは未経験でもできる仕事が多いということもあり、たくさんの人が求人サイトを使って探しています。幅広いユーザー層に向けてアルバイト募集をしたいときは、マイナビバイトへの掲載が効果的でしょう ⇒ マイナビバイト